今日の人気記事

スポンサードリンク

iOSのデフォルト検索エンジンを維持するためにGoogleはAppleに10億ドルを支払っていたことが明らかに

Ioskensaku

Bloombergは、オラクルとGoogleが争っている損害賠償請求訴訟の記録によると、Googleが、2014年にiOSのデフォルト検索エンジンを維持するために、Appleに10億ドル(約1180億円)を支払っていることが明らかになったそうです。

スポンサードリンク


デフォルト検索エンジンの重要性

オラクル側の弁護士は、GoogleはiPhone経由で得た収入の一定割合をAppleに支払うという契約を結んでいることを明らかにしたそうです。

Appleとしてももちろん無料でデフォルト検索エンジンを使わせるというのはあり得ないので、GoogleからAppleに支払いがあっても何ら不思議ではないですが、このぐらいの額を投入してもGoogleとしては問題ないと判断しているのだと思います。

やはりスマートフォンからインターネットにアクセスすることが主流となっているので、iPhoneでのデフォルト検索エンジンになっていることはGoogleにとっては非常に重要なのだと思います。

ただ、Appleが将来的にこの検索の部分を自前でやる可能性は十分考えられますし、実際一部噂もあるので、そのときには業界に大きな変化があるのかもしれません。

なお、今回はあくまで2014年に支払った額であって2015年はもっと額が増えているかもしれません。

(via:MacRumors

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)