Appleの時価総額は2014年に1兆ドルまで成長する!?

Fortuneによると、Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は、Appleの今後12ヶ月の目標株価を910ドルと設定したと伝えていて、2014年には世界で初めて時価総額1兆ドルになるかもしれないと予測しているとしています。

Applekabuka

現在のAppleの時価総額は、5768億ドルほどですが、残りの約4000億ドルほどは主要な競合他社から取ることになるだろうとしています。

Appleの関連性の高い競合他社である、サムスン、HTC、RIM、Nokia、Sony、Dell、HP、Microsoft、Intel、Googleなど企業の時価総額の合計が現在約1兆ドルとなっていて、その内の20%がAppleに流れると予想しているそうです。


なお、今までの時価総額最高は1999年にMicrosoftが記録した6190億ドルだったそうです。

ちょっと1兆ドルの時価総額というのは気が早い気がしますが、アナリストはこの数年はAppleが成長を続けると予測しているようですね。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)