今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、 iMessageがバグによってクラッシュしてしまう問題について一時的な回避方法を公開

Imessagebug
Photo by MacRumors

9to5Macによると、Appleは、iMessageがバグによってクラッシュしてしまう問題について一時的な回避方法を公開していると伝えています。

スポンサードリンク

これは、iMessageでアラビア文字と記号を含む特定の文字列のメッセージを受け取るとiPhoneがクラッシュしてしまう問題で、Appleはソフトウェア・アップデートでの修正を予定していますが、それまでの一時的な回避方法として以下を案内しています。

  1. 「未読メッセージを読む」ように Siri に頼みます。
  2. Siri を使って、悪意のあるメッセージに返信します。返信の後、メッセージ App を再び開くことができるようになります。
  3. メッセージ App で、左にスワイプしてスレッド全体を削除します。または、悪意のあるメッセージをタップしてそのまま押し続け、「その他」をタップして、スレッドからそのメッセージを削除します。

万が一、このメッセージを受け取ってしまったという方がいたら、まずはSiriで操作することで回避できるようになるようです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)