今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、2015年の「Supplier Responsibility(サプライヤーの責任)」を公開

Supplierresponsibility

Appleは、毎年サプライチェーン内で実施している監査についての2015年の報告書「Supplier Responsibility(サプライヤーの責任)」を公開しています。

スポンサードリンク

この「Supplier Responsibility(サプライヤーの責任)」では、Appleがサプライヤーの会社やその従業員に対してどういった取り組みをしているのかなどが書かれています。

Supplierresponsibilityy2

全てが英語で書かれていて、詳しい内容まで全て分かるわけではありませんが、Appleのサプライヤーの数を国別にした図が載っていて、中国が334社でトップ、2位は日本で131社となっています。ちなみに、昨年発表されたデータでは、中国が349社、日本が138社でした。

また、2014年のサプライヤー上位200社をリスト化した「Supplier List 2015」(PDF/英語)も公開されています。

なお、この報告書はのちほど日本語版が公開されるものと思われます。

Supplier Responsibility

関連記事
Apple、2014年の「サプライヤーの責任」の日本語版を公開

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)