今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPad Air」のアクティベーション数、ブラックフライデーの週末に前週より50%以上増加

Localytics black friday growth

 
MacRumorsは、Localyticsの調査によると、「iPad Air」のアクティベーション数が、ブラックフライデーの週末に前週より51%増加を記録したと伝えています。

スポンサードリンク

これは20,000以上のアプリ、10億台のデバイスのネットワークを介した分析によるもので、「iPad Air」は前週に比べ51%、「iPad mini」と「iPhone 5c」が26%アップを記録しているそうです。

この3つの製品についてはブラックフライデーセールで大幅に値引きが行われていたことが影響しているとしています。対して「iPad mini Retinaディスプレイモデル」「iPhone 5s」はタイトな供給状態と値引きが低かったのでアクティベーションの伸びが小さくなっているとしています。

やはりブラックフライデーセールではiOSデバイスの売れ行きはよかったようですね。特に値引きも影響してか「iPad Air」の伸びは顕著で、やはりプレゼントとして買われているようですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)