今日の人気記事

スポンサードリンク

SONY、iPhoneなどに対応したレンズカメラ「Cyber-shot DSC-QX100」「Cyber-shot DSC-QX10」を発表

CNET Japanによると、SONYは、iPhoneやAndroidに対応したレンズカメラ「Cyber-shot DSC-QX100」「Cyber-shot DSC-QX10」を発表しています。

Renzucamera

 

スポンサードリンク

このカメラレンズは液晶はなく、スマートフォンとWi-Fi接続して、画像を確認して、アプリ「PlayMemories Mobile」を使用することによってカメラの撮影が可能になります。

Cyber-shot DSC-QX100」は、「DSC-RX100M2」相当となり、1.0型の大型裏面照射型CMOS、1440×1080ピクセル/30fpsでのMP4動画と最大2000万画素の静止画記録に対応していて、F1.8のカールツァイス「バリオ・ゾナーT」レンズを備えています。

Cyber-shot DSC-QX10」は、「DSC-WX200」相当となり、光学10倍ズームを搭載したモデルで、1/2.3型のExmor R CMOSセンサを搭載、1440×1080ピクセル/30fpsでのMP4動画と最大1800万画素の静止画記録が可能です。

なお、「Cyber-shot DSC-QX100」499.99ドルで、「Cyber-shot DSC-QX10」が249.99ドルとなっていて、日本の発売については検討中とのことです。

これはちょっと使ってみたい製品ですね。iPhoneのカメラをこんな形でさらにグレードアップさせるという目の付けたところが非常に面白いですよね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)