今日の人気記事

スポンサードリンク

ドコモ坪内副社長、iPhoneに対抗するためXperia Aを追加発注へ、Appleのビジネスモデルと共存は無理と語る

Bloombergは、坪内和人副社長がインタビューに答え、iPhoneに対抗するためXperia Aを追加発注する方針を明らかにしたと伝えています。

Docomologo

 

スポンサードリンク

このインタビューの中で坪内副社長は、iPhoneの導入について検討していて、販売数が全体の2-3割にとどまるならば扱いたいという従来の主張を繰り返し、「パイプは閉じていない」として引き続き接触があることも明らかにしていて、「あとは条件の問題」とも述べているそうです。

ただその一方で、Appleとドコモのビジネスモデルが「同じもの」とした上で、「最後は共存できない。住み分けができない限り無理」とも述べているそうです。

ドコモのいう住み分けというのが、販売数が全体の2-3割というラインなのかもしれませんが、最終的にユーザーが選択できないという視点が未だに欠けているような気がします。

ただ、もうすでにiPhoneの取り扱いを始めればすべてが好転するという状況ではなくなってしまっているかもしれませんが…。

(via.すまほん)

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By &呂偉土

    ビジネスのためにビジネスモデルがあると思っていたが、NTT docomoはそうではないようだ。
    ビジネスモデルのためにビジネスをする会社。それがNTT docomoだったのだ。
    会社の会社による会社のための会社、NTT docomo。
    ユーザのためのサービスがこの会社から生まれることは、金輪際あるまい。
    ましてやNTT docomoがiPhoneを発売することなどあり得ない。

    いろんな意味でさようなら、NTT docomo。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)