今日の人気記事

スポンサードリンク

IDC:2013年第2四半期スマートフォンOS別シェアでAndroidが約80%を占める、iOSは13.2%に

IDCによると、2013年第2四半期スマートフォンOS別シェアでAndroidが約80%を占め、iOSは新製品は発表しなかったものの13.2%で2位になっていると伝えています。

Idcchousa

 

スポンサードリンク

Androidは、サムスンのGalaxy S4が牽引していて、それ以外にもLGやHuawei、Lenovo、ZTEなどの出荷量も軒並み2桁になっているとしています。

Idcchousa2

 

iOSは、2013年第2四半期中に新製品の発表がなかった事もあり、前年同期比より3.2ポイントシェアは低下しているが、出荷台数より大幅に伸びていて、需要が強いままだとしています。

なお、注目すべき点としては、Windows PhoneのシェアがTOP5のスマートフォンプラットフォームの中で最大の伸びを見せていて、前年同期比77.6%アップしてシェア3.7%になっているとしています。

Windows Phoneについては、元々の出荷台数が少なかったこともあり、大幅な伸びとなっていますが、Android、iOSに食い込んでくるのはWindows Phoneになるのかもしれませんね。

iOSはなんといっても今秋に「iPhone 5S」や「iPhone 5C (廉価版iPhone)」の発表があるのではないかと噂されているので、シェア的には今がいわゆる底の状態といえるかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)