GoogleのEric Schmidt氏、iOSのデフォルト地図でGoogle Mapsを採用するようにAppleに働きかける!?

Computerworldによると、Googleの会長であるEric Schmidt氏は、AllThings D主催のモバイル・カンファレンス「Dive Into Mobile」に登場し、「GoogleはiOSでGoogleマップを再び基本の地図ツールとして採用するよう、Appleに働きかけている」と述べたと伝えています。

Google maps logo
 
Eric Schmidt氏はさらに、「われわれは、AppleにまたGoogleマップを使って欲しいと思っている。AppStoreに登録しているGoogleの地図をそのまま基本アプリとして容易に採用できるはずだ」とも述べているそうです。

Appleは「iOS 6」からGoogle Mapsをデフォルトの地図から外し、Apple独自のマップが採用されましたが、リリース当初はその正確性に大きな問題を抱えていてTim Cook CEOが謝罪する事態となっていました。

その後Google MapsはApp Storeでリリースされ、Appleのマップも改善を続けているので、今からその時計の針を戻すようなことはAppleはしないと思いますが、Googleとしてはデフォルトツールに戻すことの意味は大きいと考えているようですね。

Google Maps Google Maps
掲載時の価格: 無料
アプリをダウンロード
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)