Iphonexbunner big

「iOS 6.1」でのExchangeのバグの回避策をMicrosoftが公開

Microsoftは、「iOS 6.1」デバイスを使用して、ユーザーのメールボックスを同期した時に、Microsoft Exchange Server 2010 クライアントアクセスサーバー (CAS)とメールボックス (MBX) のサーバーリソースが消費され、ログの増加が過剰になり、メモリ、CPU使用率が大幅に上がってしまう問題の回避策を公開しています。

Microsoftexchange
 
今のところAppleとMicrosoftは、この問題を調査していて、「iOS 6.1」で出席依頼などの予定表のアイテムを処理しないこと、デバイスを再起動することを回避策としてあげています。

さらにこれでも問題が解決しない場合としていくつか方法が掲載されていますので、コチラからどうぞ。

残念ながら抜本的な解決にはなっていないようですが、今後のアップデートで解決されるのでしょうか。

なお、この問題の影響でバッテリーが急激に消費されたりすることが報告されており、AOLでは、すでにこの機能を無効にしていたそうです。

(via.気になる、記になる…さん、iDownload Blog)

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA