Iphonexbunner big

IDC Japan:2012年第2四半期、国内携帯電話市場規模を発表、Appleがベンダー別シェアでトップに返り咲く

IDC Japanは、国内携帯電話市場の2012年第2四半期(4~6月)の出荷台数を発表していて、ベンダー別出荷台数シェアで、Appleが2四半期ぶりに首位の座に返り咲いたとしています。

Idcjapan 2012q2
 
2012年第2四半期の国内出荷台数は、前年同期比4.2%減の778万台となり、国内携帯電話市場は4四半期ぶりのマイナス成長となったとしています。この要因は、半導体を中心とした主要部品の供給不足により最新スマートフォンの出荷台数が伸び悩んだこと、次世代iPhoneへの期待のため買い控えが起きたことなどが挙げられています。

ベンダー別のシェアではAppleが首位で、次世代iPhoneモデルの期待のため買い控えがおき、前四半期に比べて出荷台数は減少したものの、ソフトバンク、KDDI向けに安定した販売台数を維持したとしています。

なお、総出荷台数に対するスマートフォンの比率は、前四半期からほぼ横ばいの65.3%だそうです。

次期「iPhone」の発売が噂されている段階の2012年第2四半期でベンダー別のシェアが1位というのは、やはり「iPhone」の人気を裏付ける結果といえますね。

次期「iPhone」が間もなく発表・そして発売という流れになると思いますが、買い控えていた人達もかなり買うことが予想されるので、一気にシェアが伸びるかもしれないですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA