Apple、フォーチュン誌が選ぶ「最も急成長している企業100社」で8位にランクイン

9to5Macによると、Appleがフォーチュン誌が選ぶ「最も急成長している企業100社(100 Fastest-Growing Companies)」で8位にランクインしていると伝えています。

Fastersgrowingcompanies
 
フォーチュンはAppleについて以下のように記しているそうです。
スティーブ・ジョブズ氏の死去が、Appleの成長を妨げるかもしれないと指摘されていたが、それは心配することがなかった。ジョブズ氏の死後、Appleの株価は80%も上昇している。8月にはMicrosoftを抜いて、アメリカで過去最大の時価総額の会社となった。
なお、1位はSilver Wheaton社という銀鉱山の会​​社。2位がCirrus Logic社というオーディオチップの会社でAppleの主要サプライヤだそうです。そして、3位は中国のBaiduだったそうです。

Appleは時価総額で現在世界一となっていますが、急成長という意味でも世界的に非常に高い率となっているようですね。ちなみに、Appleは今年の3月にフォーチュン誌が選ぶ「世界で最も賞賛される企業」に5年連続で選ばれています。

関連記事
Apple、フォーチュン誌が選ぶ「世界で最も賞賛される企業」に5年連続で選ばれる

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)