[Update] ブルース・ウィリス氏、iTunes Storeの楽曲譲渡問題でAppleを訴える!?

AppleInsiderは、Daily Mailによると、俳優のブルース・ウィリス氏が、iTunes Storeで購入した楽曲を合法的に譲渡するために、Appleに対して法的措置を検討しているようだと伝えています。

Willis 120903
Photo by Wikipedia

レポートによると、ブルース・ウィリス氏は自分がiTunes Storeで購入した曲がライセンス上では「借り物」であることに驚いたとしていて、彼は自身の死後に合法的に娘たちに渡すことができるようにAppleを相手に訴訟することを検討しているとしています。

ブルース・ウィリス氏は、アメリカの5つの州で訴訟を検討しているとしていて、ユーザーのデジタル音楽の権利についての拡大を望んでいるとしています。

Appleのライセンスでは、「他の人に音楽を渡していることがわかれば、アカウントを凍結できる」そうですが、ブルース・ウィリス氏は遺言により自分のコレクションを渡すことができるはずだと考えているそうです。

これについて、ブルース・ウィリス氏の弁護士は「多くの人々は、長年にわたったて購入してきた本や曲が、実際に所有していないという事実に驚いただろう」と語っていて、「それを愛する人に渡したいと思うのは当然だ」と述べているそうです。

ブルース・ウィリス氏はすでにiTunes Storeで数千ドルも費やしているそうで、自分の死後は3人の娘に遺産として残したいということのようですね。もし訴えた場合、Appleはどういった反応をするのでしょうか?

[Update]
MacRumorsによると、ブルース・ウィリス氏の奥さんはこの話は真実ではないとツイートしているとしています。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)