次期「iMac」にはRetinaディスプレイは搭載されず!?

AppleInsiderによると、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が2012年のAppleの製品発売スケジュールをまとめたレポートを公開したが、その中で次期「iMac」にはRetinaディスプレイは搭載されないとしていると伝えています。

Features displays
 
Ming-Chi Kuo氏は、次期「21.5インチiMac」についてはいつリリースされてもおかしくなく、次期「27インチiMac」については10月下旬にリリースされるだろうと予想していますが、それにはRetinaディスプレイは搭載されないが、ディスプレイの品質が改善されるとしています。

このディスプレイは、新たに保護カバーガラスにディスプレイパネルを取り付ける「フルラミネーションプロセス」という技術が使われるとしています。

この新しい製造方法にはコストがかかり、大規模な「27インチiMac」では、歩留まり率が低くなっていて、そのことから「21.5インチiMac」より6〜8週間後にリリースされると予測されているそうです。

次期「iMac」にはRetinaディスプレイパネルは搭載されないとのことですが、Ming-Chi Kuo氏は以前にもApple製品について予想を的中させてきている人物なので、この予想も当たる可能性がありますね。個人的にはThunderbolt DisplayにRetinaディスプレイが搭載されてほしかったりします・・・。まだまだ先のような気がしますが。

関連記事
アナリスト予測:Appleの2012年の製品発売スケジュール

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)