Apple、レコードレーベルと「Apple Music」などの収益利率の引き下げを交渉中か!?

Applemusicukad

Bloombergによると、Appleは、レコードレーベルと全般的な関係を改正する交渉の一環として「Apple Music」と「iTunes Store」の収益利率の引き下げについて交渉を行っていると伝えています。

スポンサードリンク

6月末に契約終了を前に交渉中?

現在のAppleとレコードレーベルの契約では「Apple Music」の契約者からの収入の58%をレーベルが受け取っているそうですが、これはSpotifyなどのストリーミングサービスと比べても高くなっているそうです。

Spotifyは最近になってこの利率を、今後一定の成長を保証することで55%から52%に引き下げているそうで、Appleも同じような形で要件を満たせば利率の引き下げにつながるのではないかとしています。

ただ、レーベル側からはストリーミングがあまり普及していない日本やドイツなどではiTunesや音楽全般のプロモーションをするように求められているそうです。

なお、Appleとレコードレーベルとの現在の契約は6月末で満了となるそうですが、新しい条件に同意できない場合は、今の契約が延長される可能性があるそうです。

「Apple Music」が開始され2年が経過し、日本はまだまだですが、アメリカでは急速にストリーミングの市場が伸びているので新しい契約が必要になっているというのがあるのかもしれないですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)