「SkyDrive」がリニューアル、Win/Mac用デスクトップアプリをリリース、さらに1ファイル上限は2GBへ

2017/07/27


engadget Japanによると、Microsoftはクラウドストレージサービス「SkyDrive」をリニューアルし、Windows / Mac用のデスクトップ「SkyDrive」アプリをリリースしたと伝えています。

Logo sky

 
ローカルファイルシステム上に ” SkyDrive ” フォルダが作成され、クラウド上の SkyDrive ストレージと自動で同期することができ、同期出来る1ファイルのサイズ上限は2GBまでとなっているとしています。さらに、同期フォルダを個別指定することが出来るとしています。

デスクトップ「SkyDrive」アプリの対応環境は、はWindows Vista以降(Windows 8 Consumer Preview 含む)、Mac OS X Lionとなっています。

一方リニューアルと同時に、新規アカウントに対して与えられる無料ストレージの容量が従来の25GBkさら7GBになったそうです。

従来のユーザーについては、期間限定の ” Loyalty offer ” として、SkyDrive にログインして「Upgrade my storage」を選択することで25GB容量を使うことができます。ただしすでに多くの容量を使っていた場合、手続きなしでも自動的にアップグレードされるため、保存していたファイルを失うことはありません。

年間10ドルの追加20GB、25ドルで追加50GB、50ドルで追加100GBが使えるようになる有料ストレージオプションもあるとのことです。

なかなかいいアップデートですね。今までアカウントはあったのですが、あまり使ってなかったのでこれを機会に使ってみようと思います。

デスクトップ版アプリのダウンロードは以下からどうぞ。なお、iPhone/iPadアプリもあります。

SkyDrive アプリ

SkyDrive 
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
調査時の価格:無料
販売元: Microsoft Corporation – Microsoft Corporation

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で