Parallels Desktop 7 for Macを発表

2017/07/27


Parallelsは仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」を発表しています。
ITmediaさんによりますと、

 新バージョンは、グラフィック性能が45%、起動速度は60%向上したほか、90以上の新機能を追加したという。例えば、WindowsのアプリをLionのLaunchpadに追加し、Mission Controlで制御できる。また、iSightとFaceTimeのカメラをWindowsとMac両方のアプリで共有できる。さらに、Windowsだけでなく、OS X LioneをゲストOSとして稼働させることも可能になった。

僕はもうひとつの仮想化ソフトVMware Fusionを前につかっていたのですが、こちらも気になります。
メインはMacで仕事などでどうしてもWindowsを使わないと…
っという人にはいいですね。Officeなどのソフトなら問題なく動きますよ。
価格は79.99ドルで、アップグレード版は49.99ドルとのこと。
日本版はまだ発表されていませんが、
Ver.6で8500円、アップグレード版が5900円となっています。
最近はかなりの円高ですから、日本版の値下げが期待されますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で