Iphonexbunner big

2013年2月携帯純増数は14ヶ月連続でソフトバンクがトップ、ドコモは純増に転ずるもMNPによる流失は続く

日本経済新聞によると、携帯3社が発表した2013年2月の携帯電話契約数によると、ドコモは学割が好調で2ヶ月ぶりに14万3400件純増も、MNPでは「iPhone 5」と「iPad」を取り扱うKDDIとソフトバンクへの流失は続いていると伝えています。

Keitai3carria
 
ドコモのMNPは、9万3200件の転出超過で、KDDIが6万2900件、ソフトバンクが3万1200件の転入超過だったとしています。

純増数は、14カ月連続でソフトバンクで、25万5300件の純増。「iPhone 5」「iPad」に加え、女子中高生向けの「ハニービー」やテレビが見られるフォトフレームなども引き続き好調だとしています。

KDDIは、21万2700件の純増で、定額アプリ取り放題サービスの「auスマートパス」の契約が増えているとしています。

ドコモは「Xperia Z」や学割など効果で2ヶ月ぶりに純増に転じたようですが、相変わらず、MNPによる転出が止まっていないようです。この背景にはやはり「iPhone」の存在は間違いなくありますね。

最近ではドコモから「iPhone」発売の噂もあったりしますが、発売となれば強力な武器にはなりそうです。昔と状況が違うところはLTEの速度がソフトバンクやKDDIより遅いというところでしょうか…。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)