アメリカの特許法が改正

2017/07/27


Cnet Japanによると、アメリカの特許法が9月16日にオバマ大統領が同法案に署名をして成立したと伝えています。
アメリカは今まで「先発明主義」という、出願の時期に問わず、発明の時期の早さによって特許が与えられていましたが、今回の改正で、日本などほとんどの先進国で採用されている「先願主義」に変更されます。
「先願主義」とは、発明の時期に関わらず、先に出願した方に特許を与えるという方式。
今までは色々反対があってこの法案は何度も否決をされていましたが、今回はAppleやMicrosoft、Googleなどの強い要望もあって、成立したとの事です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で