12.9インチ「iPad」には銀ナノワイヤー技術を使ったタッチパネルが採用される!?

2017/07/27


Ipadair2 02

9to5Macは、ETNewsによると、Appleは、タッチパネルの改善のため銀ナノワイヤー (AgNW) 技術を使ったタッチパネルを調査していると伝えています。

この技術をつかうことにより、タッチの感度を高め、コストを削減する計画だそうで、サプライチェーンに近い情報筋によると、AppleはすでにLGディスプレイ、サムスンディスプレイ、ジャパンディスプレイにサンプルの提出を要求しているとのことです。

なお、これは発売が噂される12.9インチ「iPad」に採用されるそうで、発売は来年初めになるとしています。

スポンサーリンク

12.9インチ「iPad」は来年に??

12.9インチ「iPad」と呼ばれる大型のiPadについては、今年初めにも発売という噂がありながら発表されず、今年後半に発売というのが今の情報ですが、この銀ナノワイヤー (AgNW) 技術を使ったタッチパネルを採用した場合は来年まで発売がずれ込むのでしょうか?

なお、12.9インチ「iPad」には、Bluetoothスタイラスペン、感圧タッチ、NFC、USB-Cコネクタなどが搭載されると噂されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で