Adobe、「Adobe FLASH」のサポートを2020年末で終了へ

Adobeflash

Adobeは、Adobe Flash Playerのダウンロードとアップデートの提供を2020年末をもって終了すると発表しています。

スポンサードリンク

ついに「Flash」は終焉へ

今回の決定について、かつてのWebではインタラクティブなコンテンツのニーズを満たすためにFlashやShockwaveなどが担ってきたが、現在ではHTML5、WebGL、WebAssemblyなどのオープンな技術がここ数年で成熟してきたこと理由に挙げています。

なお、2020年末でダウンロードとアップデートの提供の終了を決定したことで、AdobeとしてはFlashコンテンツ製作者に対してHTML5、WebGL、WebAssemblyの形式に移行することを勧めるそうです。

長い期間Webの一つの歴史を担っていた「Flash」ですが、最近では多くのブラウザが最初から無効化をしていたり使われることが少なくなってきました。これも時代の流れということなのでしょうか、「Flash」の役割は終えたとAdobeは判断をしたようですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)