Iphonexbunner big

ナビスコカップ準決勝 浦和レッズ 対 ガンバ大阪 観戦記

nabiscosemifinal-8
観戦記を書くのがだいぶ遅れてしまいました…。 少し時間が過ぎてしまいましたが、今シーズンのベストゲームといっていい試合でしたね。久しぶりの埼玉スタジアムでの試合でしたが、観客数こそ少なかったもののいい雰囲気でした。 それでは、振り返ってみましょう。
nabiscosemifinal-7
前回リーグ戦でガンバ大阪と戦った時は、絶望感すら漂う試合内容でした。0-1で負けたわけですが、差はそれ以上と感じました。 リーグとカップ戦は違うとはいえ、その相手に対して、非常にいいサッカーを展開して勝利を収めました。 今回のポイントは前線からの守備と、攻撃に対する積極性でした。ナビスコカップ準々決勝のセレッソ大阪戦からデスポトビッチとセルヒオの2トップとなりましたが、その2人を含め、前線の選手たちの積極的な守備がリズムを生みました。 前線がハードワークをしたおかげで、ディフェンスラインは限定されたコースから出てくるパスに対して、相手のFWに厳しくチェックにいけるという良い循環でゲームが展開していきました。 もちろん、ガンバ大阪には遠藤と明神という変化の出せる選手がいなかったというのは、かなり大きかったと思います。その2選手の欠場により、ガンバ大阪の攻撃が単調になっていたのは事実です。 でも、それを差し引いてもレッズの守備は機能していたと思います。それが良い攻撃にも繋がっていきました。 攻撃面は、なんといっても梅崎。そしてセルヒオの2人が素晴らしかったですね。 梅崎は本当にここ数年ケガでまともに活躍できませんでしたが、そのうっぷんを爆発させた感じでした。一人でシュート撃ちまくってましたね。その積極性が1ゴール、1アシスト(ほぼ2ゴール?)につながったのは間違いないですね。今後もまだまだやってくれると思います! そしてセルヒオも本当に素晴らしかったですね。攻撃にも守備にもすべてで力を出し尽くす感じで、正直90分持たないんじゃないかな?っと思ってたのですが、最後まで頑張り抜いていました。すべてのゴールに絡むのは必然ですね。 他にもDFの濱田はもうこのレベルでやっていけることを証明したと思いますし、マルシオ・リシャルデスも前半こそリズムに乗れていませんでしたが、後半はボールによく絡み、変化を出していました。レギュラー争いが本当に厳しくなってきた感じですね。 さて、ナビスコカップは晴れて決勝進出。遂にタイトルに挑戦です。相手は鹿島アントラーズと、難しい相手ですが、国立で鹿島。あの初タイトルを取った時を思い出さずにはいられません。 なんとしてもタイトルを奪取しましょう。チケットは争奪戦になりそうですが、なんとしても国立に行きます! しかしその前に、天皇杯、そしてリーグ戦の大一番、大宮アルディージャとのダービーが待ち受けています。とにかく勝ち続けることで事態は好転していきます。残りすべてを勝ち切る強い気持ちが必要ですね。あくまでも第一目標は残留ですから。 天皇杯にも埼玉スタジアムに行く予定です。相手は宮崎産業経営大学です。大学生はしっかりサボらず走ってくるので、意外と苦戦しがちです。大宮が福岡大に敗れるという番狂わせも起きてるぐらいですからね。気を付けたいところです。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA