今日の人気記事

スポンサードリンク

iPhoneで直前の操作をやり直す(Undo)機能「シェイクで取り消し」― 無効にする方法も

Shakeundo 01

iPhoneを操作中、例えばLINEやメールを入力しているときなどに間違えて文字を消してしまった場合などに直前の操作をやり直す(Undo)ことができる機能「シェイクで取り消し」を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

間違えてしまったらiPhoneを振ってみる!

Shakeundo 02

早速やり方ですが、間違えて入力してしまったり、削除してしまったりなどをした場合、iPhoneを振ってみて下さい。あまり強く振りすぎなくても大丈夫です。

Shakeundo 03

するとポップアップが出てきて、直前の操作を取り消しかどうかを選ぶことができます。

Shakeundo 04

また、もう1回iPhoneを振る(シェイク)することで、もう1つ前の操作、もしくは一回取り消した直前の操作をやり直す(Redo)こともできます。

「シェイクで取り消し」をオフにする

さて、この機能はiPhoneを振る(シェイク)することで動作するので、意図せず振ってしまった時にも作動してしまいます。それが嫌な場合はこの機能をオフにすることもできますので紹介しておきます。

Shakeundo 05

設定アプリから「一般 > アクセシビリティ」と順に進んでいってみてください。

Shakeundo 06

少しスクロールすると「シェイクで取り消し」という項目があるので、そこをタップして「オフ」にしてください。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)