今日の人気記事

スポンサードリンク

iOS 8.1:「iCloudフォトライブラリ(beta)」機能を設定する

Icloudphoto 01

「iOS 8.1」から写真アプリの「iCloudフォトライブラリ(beta)」機能が利用可能になったので、早速設定方法をみていきたいと思います。

スポンサードリンク

「iCloudフォトライブラリ(beta)」では、iPhoneなどで撮影した写真などをすべてiCloudに自動的に保存して、ライブラリにいつでもどこでもアクセスすることができます。

Icloudphoto 02

設定方法は、「設定アプリ → 写真とカメラ」と進んで、「iCloudフォトライブラリ(Beta)」という項目を「オン」にするだけです。

Icloudphoto 04

Wi-Fiに接続した状態にすると、現在ライブラリにある写真やビデオがアップロードされます。

アップロードが完了すれば同じiCloudアカウントでログインしているiPhoneで撮影したり、編集したりした写真が、他のiPadなどのデバイスでもアクセスすることが可能になります。

Icloudphoto 03

また、iPhoneのストレージに最適化という設定メニューもあり、これを選んでおくと、iPhoneのストレージに最適化されたバージョンの写真やビデオが保存され、オリジナルはiCloudドライブに置いてあるという状態になります。

今までもフォトストリーム機能というのがありましたが、これは30日間、1,000枚までの写真を保存できるのに対して、「iCloudフォトライブラリ」は保存期間も枚数制限もなくなりました。

ただ、1点注意としては「iCloudフォトライブラリ」にアップロードされるファイルは、iCloud Driveの容量を消費することになります。

そのため無料の5GBプランの人はすぐになくなってしまう可能性が高いのでその場合は有料のプランに変更する必要があります。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)