今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple IDで2ステップ確認を有効にしている時に、他社製のアプリをiCloudと連携して使う場合に必要な「App用パスワード」を設定する

Appyoupassword1

Appleは、2014年10月10日からApple IDで2ステップ確認(2段階認証)を有効にしている場合、Microsoft Outlook、Mozilla Thunderbirdなど他社製アプリを利用してiCloudと連携する際に「App用パスワード」が必要になることを案内しています。

スポンサードリンク

App用パスワードの設定

早速その設定方法を解説していきたいと思います。まずはMy Apple IDにアクセスしましょう。

Appyoupassword2

この画面の「Apple IDを管理」という場所をクリックします。

Appyoupassword3

Apple IDとパスワードを入力して「サインイン」をクリック。

Appyoupassword4

左のメニューから「パスワードとセキュリティ」を選んで、右メニューにある「App用パスワードの作成」を選んでください。

Appyoupassword5

パスワードを作成する前に、ラベルの設定をします。覚えやすいものを入力して作成ボタンをクリック。

Appyoupassword6

パスワードが作成されるので、これを他社製アプリのパスワード欄に入力すれば完了です。

App用パスワードは25個まで

Appyoupassword7

なお、このApp用パスワードは25個まで設定することができ、先ほどの「パスワードとセキュリティ」の画面から「履歴表示」というところを選ぶと今まで作ったパスワードを削除することも可能です。

これを設定することで、Apple IDで使っているパスワードが他社製アプリから収集・保存されなくなるということで、セキュリティの強化につながるということですね。

Apple IDの2段階認証については面倒だという人も多いと思いますが、最近では多くのセキュリティ問題があるので、必ず設定しておいた方がいいと思います。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)