今日の人気記事

スポンサードリンク

必要なファイルを見つけ出す!Macの便利な機能「スマートフォルダ」の使い方

Smartfolder 01

Macの便利な機能の一つとして「スマートフォルダ」があります。これは、いろいろなHDDやフォルダに散らばっているファイルから条件するだけでまとめたり、検索できたりしてすごく便利です。

スポンサードリンク

バラバラの場所から必要なファイルを見つける

まずは早速スマートフォルダをつくってみましょう。

Smartfolder 02

Finderを選んでいる状態で、メニューバーのファイルから「新規スマートフォルダ」を選びます。

Smartfolder 03

空っぽのフォルダが開きますので、右上の+ボタンを押して条件を追加できるようにしましょう。

Smartfolder 04

条件には「種類」「最後に開いた日」「最終更新日」などいくつかの項目が出てくるので、まとめたい・検索したい条件を入れていきます。

Smartfolder 05

右の+ボタンを押すことでどんどん条件を増やして絞り込むことができます。

Smartfolder 06

もっと細かく絞り込みたい時などは、「その他」を見てみると検索属性が表示されますので、場合によってはこれも活用してみてください。

Smartfolder 07

このスマートフォルダを使えば、例えばファイルの種類が「イメージ」で、作成日が「1年以内」という絞り込んだフォルダを作ることができます。さらに「jpg」のみなどの条件を加えればさらに絞り込めますね。

Smartfolder 08

最後に保存を押すと、この出来上がったスマートフォルダの名前や場所などを決めることができます。

活用次第ではかなり便利な機能なので、ファイルを探すだけでも使ってみる価値はありますよ。

Macbenr

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)