今日の人気記事

スポンサードリンク

Macでアプリをアンインストールする方法と便利なアプリ「AppCleaner」

Appcleraner 01

今までWindowsを使っていた方が、Macを使った時に戸惑うことの一つにアプリをアンインストール方法があると思いますが、今回はアプリをアンインストールする方法と、アンインストール時に便利なアプリ「AppCleaner」を紹介します。

スポンサードリンク

App StoreからDLしたアプリの通常の消し方

Windowsの場合はコントロールパネルの「プログラムと機能」かアンインストールができますが、Macの場合はそういったメニューはなく、Mac App Storeでインストールしたものは、Lunchpadから削除することになります。

Appcleraner 07

まずはDockに最初からあるLunchpadアイコンを押して見ましょう。

Appcleraner 08

次に、Lunchpadにあるアプリアイコンを長押しすると、アイコンがプルプル震えてきます。そこで消したいアプリの×マークを押すとアンインストールされます。これはiPhoneやiPadのアプリを消す時と一緒ですね。

次にMac App Store以外のアプリの場合ですが、これはアプリをそのままゴミ箱に捨てることでアンインストールという状態になります。

設定ファイルなども一括に消去できるAppCleaner

基本はこれで問題ないのですが、この状態だとアプリの設定ファイルなどが残ったままになったりします。そこで便利なのが「AppCleaner」というアプリです。

Appcleraner 02

AppCleanerはココから無料でダウンロードし、立ち上げると上のような画面になります。

Appcleraner 04

ここにアプリケーションフォルダにあるアプリをドラッグします。

Appcleraner 03

ドラッグすると自動的にアプリと関連するファイルを見つけてくれるので、最後に削除ボタンを押せばアンインストール完了です。

Appcleraner 05

アプリケーションタブを押せば、インストールされているアプリを自動で見つけてくれるので、そこから選択してという方法もあります。

Macbenr

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)