今日の人気記事

スポンサードリンク

OS X Mavericksの新機能:iOSデバイスとの連携が便利な「マップ」

Marveric maps 01

 
OS X Mavericks」から、すでにiOSデバイスでは提供されていた「マップ」が遂にMacにも搭載となりました。

スポンサードリンク

純正のマップアプリは「iOS 6」から投入されたものの、あまりの出来の悪さにTim Cook CEOが謝罪をするという自体を招きましたが、ここに来てかなり便利になってきました。

Marveric maps 03 6 2

 
まず紹介したい機能として、連絡先にかかれている住所から直接「マップ」アプリを開くことができます。試しにApple Japanの住所をマップに表示してみようと思います

Marveric maps 04

 
入力してある住所にピンがドロップされます。六本木ヒルズの周辺ですね。

Marveric maps 05

 
そして、iOSデバイスでもすでに搭載されているようにルート案内も可能です。有楽町駅から「Apple Store,Ginza」までの経路を検索してみました。

Marveric maps 06

 
そしてこの「マップ」アプリで一番便利だと思われるのが、場所やルートをiOSデバイスに送信することができるのです!試しに送信してみると…

Marveric maps 08

 
するとすぐにiPhoneにプッシュ通知があり、開いてみるとマップに検索した場所や経路が表示されます。

Macで行く場所までの経路を検索しておいて、iPhoneに送っておけば迷うことも少なくてすみそうですよね。

iOSデバイスに送る以外にも、メール、メッセージ、AirDrop、Twitter、Facebookなどで場所などを友人などと共有することができます。

Marveric maps 09

 
また、まだ日本で見れる場所はないですが、マップの3D表示「Flyover」にも対応しています。エッフェル塔も3Dでみれます。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)