災害に備えて災害用音声お届けサービスを確認しよう(ソフトバンク版)【iPhone・iPad 小技・裏技集】

今回のテーマは、「災害に備えて災害用音声お届けサービスを確認しよう(ソフトバンク版)」です。

前回の「災害に備えて災害用伝言板を確認しよう(ソフトバンク版)」に引き続き、今回は「災害用音声お届けサービス」を詳しく見ていきます。

Saigai2 1
 
まずは、災害用音声お届けサービスとは、震度6弱以上の地震など大規模災害発生時などで、音声発信が集中することでつながりにくくなった場合に、音声通信に代わってパケット通信により音声メッセージをお届けする災害時専用のサービスとなっています。

それではやり方を見ていきますが、その前にApp Storeで「災害用伝言板」をダウンロードしましょう。

■メッセージの新規送信

Saigai2 3 a
 
まずは「災害用音声お届けサービス」をタップ。その後メッセージを送信する場合は「新規送信」をタップします。

現在はボタンがアクティブではないのですが、さっきの説明の通り震度6弱以上の地震などの大規模災害時に初めてボタンがアクティブになるわけですね。

Saigai2 4
 
送信者は約30秒の簡単な音声メッセージを、パケット通信を利用して送信することができます。 受信者は音声メッセージの通知を受け、音声メッセージを聞くことができます。

同時に、送信者は、受信者が音声メッセージを確認したことをSMS/ポップアップで知ることができるわけです。要するに、1つの音声メッセージで両者の安否を同時に確認できるわけですね!

前回の「災害用伝言板」と、今回の「災害用音声お届けサービス」は是非家族や、大切な人、親友等と話し合い、震災時の連絡手段として使い方を覚えておくといいと思います。

これ以外にも職場や、学校からの帰宅経路や、最寄りの避難所、可能ならAED(自動体外式除細動器)の設置場所も確認しておくと、いざという時に的確な行動をとることができるようになると思います。

関連記事
災害に備えて災害用伝言板を確認しよう(ソフトバンク版)【iPhone・iPad 小技・裏技集】

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)