【レビュー】MacBook Pro(2016)向けThunderbolt 3・USB-Cハブ「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1」をチェック

Tuneweartb1 01

先日フォーカルポイントが販売を開始した、「MacBook Pro(2016)」向け、Thunderbolt 3・USB-Cハブ「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1」を早速購入してみたのでレビューをお届けしたいと思います。

スポンサードリンク

これ一つで必要なポートが揃ってる

Tuneweartb1 02

まずはポートの確認からいってみたいと思います。上の画像左から、Thunderbolt 3/USB-Cポート、USB-Cポート、SDカードスロット、micro SDカードスロット、USB-Aポートが2つとなっています。

差し込みコネクタは2つになっているので、12インチ「MacBook」では利用できず、現在のところ「MacBook Pro(2016)」専用となります。

Tuneweartb1 03

一番左のThunderbolt 3/USB-Cポートは、最大で5Kまでのディスプレイ出力をサポートしていて、さらに最大87WのPower Deliveryに対応しているので、15インチ「MacBook Pro(2016)」でも純正アダプタやLGの5Kディスプレイから充電可能です。

もうひとつのUSB-Cポートについては、USB 3.1 Gen1となっているのでPower Deliveryには非対応となっています。

Tuneweartb1 04

とりあえず近場にあった周辺機器を接続してみましたが、もちろん全部認識しますし、SDカードとmicro SDカードを同時に挿しても両方ともマウントすることができます。

Tuneweartb1 05

本体の右側にも接続することは可能ですが、ポートの説明やロゴマークなどがあり、デザイン的に好ましくないと思う人もいるかもしれません。

また、13インチ「MacBook Pro(2016)」の場合は左右のポートで性能が違っているため右側に接続すると、ディスプレイが映らなかったりするので基本的には左側に接続するといいと思います。

Tuneweartb1 06

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1」は価格が4,980円とリーズナブルなところもかなり魅力で、端子に不満がなければこれで十分ですね。個人的には買って大正解でした。

なお、ALMIGHTY DOCKシリーズには様々なラインナップがあり、「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C1」ではHDMIとEthernetもついているので、用途によって購入するものを変えるというのもいいと思います。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)