今日の人気記事

スポンサードリンク

MacBookユーザーは1本あると便利!cheeroの「TypeC USB 3.1 ケーブル」はモバイルバッテリーなどで充電できる

Usb ccheero 01

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)」を使い始めて数ヶ月になりますが、実はUSB-C対応のケーブルやアダプタはまだ買ってなかったんですよね。

そんなわけで今回2つほど対応製品を買ってみました。両方ともレビューをするとして、まずは先日販売が開始された、cheeroの「TypeC USB 3.1 ケーブル 100cm (TypeC – TypeA)」を使ってみました。

スポンサードリンク


1mのUSB-C to USB 3.1ケーブル

Usb ccheero 02

TypeC USB 3.1 ケーブル 100cm (TypeC – TypeA)」の長さは1mで、片方がUSB-Cで、もう一方がUSB AでこちらはUSB 3.1に対応しています。

もちろんこれで外付けのUSB-HDDを使うことは可能で、USB 3.1対応なので10Gbps(理論値)でデータ転送が可能となっています。

MacBookとモバイルバッテリーを繋いでみる

さて、今までのUSBケーブルならそれだけですが、USB-Cには電源を供給する能力があり、このケーブルの場合は最大5V、3Aの電流で充電することができます。

Usb ccheero 03

そんなわけでcheeroの「cheero Power Plus 3 13400mAh」を接続してみましたが、見事に充電が開始されました。

Usb ccheero 04

3A出力まで対応ということでモバイルバッテリーでも充電ができますし、おそらく5.2V/2.4A仕様の「Apple 12W USB 電源アダプタ」でも充電ができるということになります。(10W USB電源アダプタは使えました)

このケーブルがあれば、iPhoneやiPadを充電するための電源アダプタと「MacBook」の電源電源アダプタが共用できるというのが便利ですね。

もっとも「MacBook」は一日ヘビーに使わなければバッテリーは持ったりすので、電源アダプタを持っていかないことも多いのですが・・・

また、個人的にモバイルバッテリーは常に持ち運びをしているので、万が一「MacBook」の充電が足りなくなった時に少しでも充電できるという安心感は結構ありがたいんですよね。そういった意味でこのケーブルはかなり便利だと思います。

ちなみに「cheero Power Plus 3 13400mAh」を使用すれば、「MacBook」を約3時間で75%まで充電することができるそうです。

なお、「TypeC USB 3.1 ケーブル 100cm (TypeC – TypeA)」は、記事掲載段階では初回数量限定価格の1,100円(通常1,280円)となっています!

cheero TypeC USB 3.1 ケーブル 100cm (TypeC - TypeA) 超高速データ転送 高速充電 新型Macbook対応 (100cm, ブラック)
cheero
売り上げランキング: 773
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)