今日の人気記事

スポンサードリンク

【レビュー】iPhone 6/6s向けクリアケース「KINTA」をチェック

Kintacasere 01

DAQが販売していてる、TPUやシリコンより堅くポリカーボネートより柔らかいのにも関わらず割れない「日本製エラストマー」を採用したiPhone 6/6s向け「KINTAクリアケース」。

今回このケースのサンプルを提供していただけたのでチェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク


様々な改善が加えられたケース

この「KINTAクリアケース」は、先ほども書いたように「日本製エラストマー」という素材を採用しています。クリアケースでありながら柔軟性があり、しっかりと保護をしていれる素材ですね。

Kintacasere 02

実際にこれだけグニャっと曲がるくらいの柔軟性です。

Kintacasere 03

実際iPhone 6sを装着してみました。このモデルは内側寸法を変更し、大きめのiPhone 6sでも対応できるようになっているので、ピッタリとフィットします。もちろん、iPhone 6でも使えるサイズになっています。

Kintacasere 04

Lightningポートなどへのアクセスですが、しっかりとくり抜かれています。Lightningケーブルもよっぽどコネクタが太くなければ問題ないかなと思います。

さらに、Lightningポートの左に付いている2つの穴はストラップホールになっているので、ストラップを付けたい人も問題ないです。

Kintacasere 06

また、画面を下に向けて置くことが多いiPhoneを傷つけないために、縁を高くする改善もされています。

Kintacasere 07

カラーラインナップは9種類と豊富なんですが、クリアブラックだとこんな感じですね。

なお、他にも「KINTAクリアケース」は「歪みが気になる」というユーザーの声を受けて成型方法から見直し、歪みにくくなり、さらに、スピーカー穴近くにあったゲート跡(樹脂を流し込む際にできる穴の跡)をLEDライト上部に移動し、目立ちににくくなっているそうで、かなり改善が加えられて完成度が高くなっています。

Kintacasere 08

さて、実際使ってみての使用感ですが、今まで多くのケースを使ってきましたが、クリアケースとしてはかなり質が高いと感じました。

柔らかい素材なので着脱もすぐできるのもいいですし、触り心地もいいですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)