今日の人気記事

スポンサードリンク

【レビュー】「Apple Watch」をガッツリ2週間使ってみた

Applewatchreview 01

「Apple Watch」が発売されたてちょうど2週間経ちました。ぼくは発売日に入手することができ、この2週間ガッツリと使ってきていろいろ見えてきたので、今の時点での感想をまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク


すでに毎日着けることが当たり前に

Applewatchreview 07

ぼくは「Apple Watch」を使う前までは腕時計をほとんどしていませんでした。もちろん過去にはしていた時期もあり、あれば便利なことはわかっていましたが、なんとなく面倒くさくなり着けなくなるということを繰り返していました。

「Apple Watch」については買ったばかりということもありますが、まず着けることへの面倒くさいという気持ちは今のところ出てきておらず、毎日着けることが習慣になっています。これは今のところ着けることへのワクワク感が優っているというのでしょうか。

時計としての完成度

Applewatchphoto 07

「Apple Watch」はAndroid Wareなどと比較される事が多いと思います。個人的にAndroid Wareはほとんど触ったことがないのでわからないのですが、「Apple Watch」はそういったガジェットというところよりもベースとなる時計として完成度が高いような気がします。

それは機能としてだけでなく、腕に装着した感覚も含めてという意味なのですが、時計として腕にあることに違和感を与えないことは非常に重要なポイントだと思います。

通知はとにかく便利!だけど多すぎると・・・

Applewatchreview 06

「Apple Watch」の主な機能は通知を受け取ることです。iPhoneを見る回数が減るというのはよくいわれることですが、まさにそのとおりで、今すぐ確認しなければいけないことと、あとでもいいことを「Apple Watch」の段階で切り分けられるのはとにかく便利なのです。

その反面、最初の設定では通知が全て来る状態になっているので全く必要のない通知までガシガシきてしまうと、逆に時間を取られてしまい本末転倒になってしまいます。これは設定次第でなんとでもなりますが、ITジャーナリストの林信行氏もよくいっている通知の断捨離が非常に重要になりそうです。

アプリも「Apple Watch」に対応すればいいというわけではなく、何を通知・表示することが重要なのかを考えると長く使われるようになる気がしました。

バッテリーは問題なかった

Applewatchreview 03

やっぱり心配でした、「Apple Watch」のバッテリー・・・。でもその心配は杞憂に終わったといっていいと思います。もちろん毎日充電が必要になることに全くの不満がないわけではありません。これは長いほうがいいに決まっています。

それでも、寝る時にiPhoneを充電するというサイクルを送っているぼくにとって、同時に「Apple Watch」を充電するぐらいなんの苦労にもなりませんでした。

すでにいろいろな人が検証しているように、1日でバッテリーが切れるということはほぼないと思います。1日半位持つというのが実際のところでしょう。なので、毎日充電するサイクルがあれば基本的には困らないというのが実感です。

あ、でもiPhoneのバッテリーの消費は多くなりますね・・・このへんはアップデートとかでもうちょっとチューニングして欲しいところ。

デジタルクラウンは本当によくできている

Digitalcrown edition

「Apple Watch」はやはり画面が小さいです。42mmモデルを使っていますが、全てをタッチでするにはちょっとイライラしてしまいます。そんなことを想定してデジタルクラウンが用意されているのですが、これが本当によくできています。

画面を覆うことなく操作ができるというのはすでにわかりきったことなんですが、サッと回した時のレスポンスがよくて、滑らかに動き正確に操作ができます。このちょうどいい感じというのは文字ではなかなか伝わりづらいのが悔しいところです。

スタンドリマインダー機能はハッとさせられる

Applewatchreview 04

「Apple Watch」にはスタンドリマインダーというのがあります。これは1時間のうち最初の50分間座りっぱなしの場合に、通知してくれる機能です。最初からこの機能はオンになっていますが、デスクワークばかりやっていると気がつくと数時間座りっぱなしということが多いんですよね。

そんな時に「Apple Watch」は椅子から立ち上がることを促してくれます。これは地味ながら、もうそれだけ時間が経ったんだということも教えてくれますし、リフレッシュのタイミングとしていいキッカケになります。

ランニングがしたくなる

Applewatchreview 02

「Apple Watch」を装着しながらのランニング。これは買う前からやってみたかったことでした。実際やってみましたが楽しいですね。

目標の設定から距離の測定などiPhoneを一緒に持って行くことで精度が高まるわけですが、そこはこだわり方次第。「Apple Watch」だけでランニングをしてもある程度の数値がわかるので、気軽にデータを取れるのはモチベーションにつながるんです。

心拍数なんかあとから見ると、走ってる時だけめちゃくちゃ上がっててビックリしますね。

アプリはまだまだこれからに期待!

Applewatchreview 05

「Apple Watch」対応アプリはだいぶ増えてきています。ただ、まだキラーアプリが出てきていないのは事実だと思います。デベロッパーの人も発売当日まで実質触れないという状況もあったので、仕方ない部分はありますが、これは今後に期待したいところです。

でも「乗換NAVITIME」なんかは個人的にめちゃくちゃ使っています。

乗換NAVITIME – 乗換案内の決定版!
掲載時の価格:無料 (最新価格はStoreで確認してください)
アプリをダウンロード

まとめ

まずは2週間使ってみて思いつくことを書いてみました。機能だけをみると「Apple Watch」じゃなくてもできることが多いと思います。でも大事なのは毎日身につけていて心地良いかどうか、身につけたいと思わせるかというところだと思います。

その点では少なくても今のところでは「Apple Watch」を着けていたいと思っています。不満はあっても満足度の方が高いという状態ですね。

ただ、あくまで最初の2週間なので、これが1ヶ月使ってみるとまた別の視点というのが出てくると思います。とりあえず引き続き使ってみてまた1ヶ月のタイミングや気づいた時に色々書いてみたいと思います。

Applewatch spbunner

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)