今日の人気記事

スポンサードリンク

【レビュー】Ankerの新製品ライン、マグネットでより便利に使えるiPhone 6ケースやバッテリーなど「Zolo」シリーズをチェック

Zolo 01

Ankerは、マグネットを利用して様々な周辺機器を一体的に利用できる新製品ライン「Zolo」を発表し、本日からZoloのモバイルバッテリー、iPhone 6ケース、iPad Airケース、iPad miniケース、カーマウント、カーチャージャーの販売を開始しています。

今回事前にサンプルを提供していただいたので、各製品のチェックをしてみたいと思います。

スポンサードリンク


Anker Zolo マグネットタフケース 4.7インチ iPhone 6用

Zolo 02

Zoloの製品シリーズはマグネットというのがひとつのポイントになっています。もちろんこの「Anker Zolo マグネットタフケース 4.7インチ iPhone 6用」にも背面にマグネットが搭載されています。

Zolo 03

ただ、このケースはそれだけではなく1.5mからの落下試験をクリアした衝撃吸収性能があるにも関わらず、厚さ3mm、重さ40gと通常の保護ケースより少し重いぐらいというスリムなケースです。

Zoloの製品は単体として使うのではなく、他のラインナップと合わせて使うことで真価を発揮するので、この後に登場するバッテリーなどと一緒にまた説明したいと思います。

なお、価格は999円でカラーラインナップとしては、ブラック、グレー、ネイビー、ポピーがあります。

Anker Zolo マグネットモバイルバッテリー 3000mAhと12000mAh

Zolo 13

Ankerといえばモバイルバッテリーで有名ですが、Zoloにはそのモバイルバッテリーにマグネットを追加した「Anker Zolo マグネットモバイルバッテリー 3000mAh
」と「Anker Zolo マグネットモバイルバッテリー 12000mAh」があります。

IMG 0515

付属の「18cm マグネット Micro USB ケーブル」を巻きつけて固定できるので常にケーブルとバッテリーをセットで持って行くことができます。

Zolo 16

さらに、例えばLightningケーブルも同じように使いたい人のためにマグネットクリップが用意されていて、直径3mmのケーブルであればマグネットの機能を追加してモバイルバッテリーと一緒に持ち運ぶことができます。これは便利だと思います。

Zolo 05

そして、さきほどの「Anker Zolo マグネットタフケース」を装着した「iPhone 6」をマグネットでくっつけることができるので、充電中に両方を持つことなく一体的に持てます。これぞZoloの最大の特徴ですね。なお、価格は3000mAhモデルが2,999円、12000mAhモデルが3,999円です。

Anker Zolo マグネットフォリオケース iPad Air 用

Zolo 04

つづいては「Anker Zolo マグネットフォリオケース iPad Air用」です。これも「iPhone 6」ケースと同様に1.5mからの落下試験をクリアした衝撃吸収性能があり、厚さは7mm、重さは330gです。

Zolo 07

マグネット部分はカバーとスタンドになっていて、角度を調整することができるほかにも取り外しが可能です。デザイン的に大きく特徴があるわけではないですが、横置きだけでなく縦置きにも対応するのはいいですね。

マグネット部分にもちろんモバイルバッテリーを取り付けられます!なんなら「iPhone 6」を付けたっていいと思います。価格は2,999円です。

Anker Zolo マグネットフォリオケース iPad mini 3 / 2 用

Zolo 15

こちらはAnker® Zolo マグネットフォリオケース iPad mini 3 / 2用」で、特徴としては「Anker Zolo マグネットフォリオケース iPad Air 用」と全く一緒ですね。

重さは230gともちろん「iPad Air」用より軽いく価格も2,499円と少し安いですね。

Anker Zolo マグネットカーマウント

Zolo 14

そして、個人的今回のシリーズで一番気に入ったのがこの「Anker Zolo マグネットカーマウント」です。その名の通り、基本的に車のダッシュボードなどに固定して、「Zolo」シリーズのケースを装着した「iPhone 6」などを固定するという使い方が一般的です。

Zolo 08

底面は粘着力の強い吸着パッドでしっかり固定できるので、取り付けは簡単だと思います。

Zolo 09

でもぼくは車を持っていないので、使いどころがないかな〜と思っていたのですが、これをデスクに取り付けることによって、「iPhone 6」置き場や「iPad Air」「iPad mini 3/2」のスタンドとしても使うことができるんです。

Zolo 10

特にぼくは「iPad Air」スタンドとして使っているんですよね。車に設置した場合は「iPad Air」が大きいので不安定になるので「iPad mini 3/2」までがいいと思いますが、デスクに設置した場合は全く問題なく使えます。

これがほんとうに便利で、取り外しもマグネットなので簡単なのですぐに持ち運ぶこともできるし、角度もMacのセカンドディスプレイなどにつかうとしてもバッチリです。ぼくはスカパーオンデマンドでサッカーをみたりもします。

底面は粘着パッド、iPhoneなどとはマグネットによる固定方法なので、この「Anker Zolo マグネットカーマウント」は使う場所を変えることでかなり便利に使えると思います。価格も1,299円とお手頃です。何度も言いますがデスクに設置するのはかなりオススメです。

Anker Zolo 20W カーチャージャー デュアル USB ポート

Zolo 11

最後は「Anker® Zolo 20W カーチャージャー」ですね。特にこれはマグネットはついていません。そして先ほども書いたように車を持っていないため試すことができませんが、2つのUSBポートは最大2Aを供給可能(合計最大 4A)となっていて、iPhoneやiPadを車の中で充電するには必需品ですね。

なお、価格は1,299円となっています。

「Zolo」シリーズは組みあせて使うことで便利に

もうお分かりだと思いますが、この「Zolo」シリーズは様々な対応製品と組み合わせることで便利に使うことができます。バッテリーと「iPhone 6」の組み合わせは実際使ってみるとバッテリーやケーブルを気にしなくていいのでかなり便利ですね。

ただし、磁気系のカード類など磁力が影響を与えてしまうものと使うときには注意が必要ですね。また、今のところ「iPhone 6 Plus」用と「iPad Air 2」用のケースが出ていません。

ちなみに、先ほどの「Anker Zolo マグネットフォリオケース iPad Air 用」の紹介に使っている写真には実は「iPad Air 2」を入れていて、装着することはできるのですが、サイズが変わっているためカメラの位置などがズレてしまっているので、やはり専用ケースが欲しいところです。「iPhone 6 Plus」用ケースもあるとカーマウントとの相性が抜群だと思うので、これもまた欲しいですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)