今日の人気記事

スポンサードリンク

【レビュー】AnkerのiPhone 6/6 Plus向け「Anker スクリーンプロテクタ内蔵保護ケース」をチェック

Ankerscreenpro 01

Anker Japanは、「Anker スクリーンプロテクタ内蔵保護ケース(iPhone 6用)」と「Anker スクリーンプロテクタ内蔵保護ケース(iPhone Plus用)」の販売を開始しました。今回事前にサンプルを提供してもらえたので、チェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク

このケースはポリカーボネートシェルと弾力性のTPUバンパーによる衝撃吸収仕様の備えていて、全面にもスクリーンプロテクタが付いているので大きな落下に強い構造になっています。

Ankerscreenpro 02

早速装着といきますが、このケースは全面を保護するプロテクター部分と側面と背面を保護する部分に分かれています。まずは前面プロテクター部分をカッチリつけます。

Ankerscreenpro 03

前面プロテクター部分が装着できたら背面部分ですが、ここはしっかりと装着してください。

Ankerscreenpro 04

ホームボタンの部分は周りは段差がついて保護されているものの、しっかりと空いているのでTouch IDによる操作も問題なくできます。ここは結構ポイントです。

Ankerscreenpro 09

FaceTimeカメラや受話スピーカー、センサー部分を干渉しないように作られています。

Ankerscreenpro 07

音量ボタンは保護されていて、しっかり押した感じが分かるようになっていて、これはスリープボタンも同様です。ミュートスイッチは少し爪をたてて操作する形になると思います。

Ankerscreenpro 05

イヤホン、Lightningポートなどの部分ですが、かっちり穴が保護されるような構造になっているので、埃などが多い場所でも使えると思います。また、防雨機能(IPX3)を搭載しているので、多少の雨などによる水濡れは大丈夫だと思います。

Ankerscreenpro 06

もちろんケースに入れながらLightningケーブルを挿すことも可能です。

Ankerscreenpro 11

持った感覚はしっかりグリップしていて落としづらいとは思います。大きくなってしまう分重くなってしまう事を懸念してしまいますが、ケース自体はiPhone 6用が45g、iPhone 6Plus用が60gとかなり軽いので気になるのは重さより大きさになるのではないでしょうか。

Ankerscreenpro 08

背面のデザインはこんな感じです。カメラ部分も干渉しない設計になっています。

Ankerscreenpro 15

ディスプレイ面にはスクリーンプロテクタが搭載されていますが、もちろんこの上からでも操作が可能で、かなりサラサラしているので操作感はまったく問題ないです。

Ankerscreenpro 12

「iPhone 6 Plus」にも装着してみましたが、やはりかなり大きくなってしまいます。ただ、かなりしっかり作られているので安心感はありますね。

Ankerscreenpro 13

このケースの用途としては、スポーツや山登りなどのタフな環境で使うことに向いていると思います。この時期ならスキーやスノーボードのときなども良さそうで、もちろん外で働く人でもオススメできますね。

また、価格が1,559円とかなり安くなっています。しかも「iPhone 6/6 Plus用」両方とも同じ価格です。着脱自体は簡単なので、1つ持っておいてもいいと思います。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)