今日の人気記事

スポンサードリンク

【レビュー】「iPad Air 2」のベンチマークを「iPad Air」や「iPhone 6」などと比較してみる

Ipadair2 02

以前の記事で、「iPad Air 2」の外観を中心としたレビューをお届けしましたが、今回は「iPad Air 2」のベンチマークを「iPad Air」や「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」などと比較してみようと思います。

スポンサードリンク

ベンチマークは「Geekbench 3」で計測しています。

Bench ipadair2

まずは「iPad Air 2」ですが、すでに伝えられている通り2GBのメモリ、A8Xプロセッサは3コアの仕様となっています。

ベンチマークは、シングルコアのスコアが「1809」、マルチコアスコアが「4502」となっています。

Bench ipadair

つづいて「iPad Air」ですが、こちらはメモリが1GB、2コアの仕様で、スコアは、シングルコアのスコアが「1439」、マルチコアスコアが「2595」となっています。

Bench ipadmini2

さらに、「iPad mini 2」も計測してみました。「iPad Air」と同じA7プロセッサを搭載しているものの、動作クロックが少し低い1.3GHzとなっています。

スコアは、シングルコアのスコアが「1439」、マルチコアスコアが「2438」となっています。

iPad Air 2」と「iPad Air」「iPad mini 2」を比較すると、やはりマルチコアスコアが「iPad Air 2」が圧倒的に高いことがわかり、驚異的な数字ともいえますね。

Bench iphone6 6plus

iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のベンチマークスコアもとってみました。2機種ともだいたい同じですね。これでも「iPad Air 2」とは大きな違いがでています。

最後に「iPad Air 2」と「iPad Air」の起動スピードを比較しました。やはり「iPad Air 2」の方が早いという結果になっています。

実際に「iPad Air 2」を使ってみても、レスポンスの速さを感じます。「iPad Air」の時は多少の引っ掛かりがあったかもしれないのですが、「iPad Air 2」には全く感じなくキビキビしているので操作していて気持ちいいですね。

関連記事
【レビュー】より薄くなった「iPad Air 2」をチェック

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)