今日の人気記事

スポンサードリンク

iPhone 5s/5向けストレージ内蔵のバッテリーケース「mophie Space pack」をチェック

Morphiespacepack 01

先日行われた、「mophie ブロガーミーティング」に参加した際にいただいた、iPhone 5s/5向けストレージ内蔵のバッテリーケース「mophie space pack 16GB」をチェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク

mophie space pack 16GB」は、今までのバッテリーケースとは違い、ストレージを搭載しているのが特徴で、専用アプリ経由で写真や動画などをそのストレージに保存できるので、iPhoneの内蔵ストレージの容量を手軽に増やせるイメージです。

Morphiespacepack 02

同梱されているのは、「mophie space pack 16GB」本体と、充電用のMicro USBケーブル、イヤホン接続用延長コードが入っています。

Morphiespacepack 03

mophie space pack 16GB」は、下部にLightningコネクタが就いた部分とケース部分が分かれている形になっていて、ストレージはこの下部の部分に納められているようです。

Morphiespacepack 04

早速装着してみました。いろいろなバッテリーケースがありますが、やはり持った感じはズッシリきてしまうのは仕方ないですね。重さというよりは形状もあるのかもしれません。ちなみにこのケース自体の重量は80gです。

P1060046 1

コネクタの部分はMicro USBで、イヤホンジャックも付属の延長ケーブルを使えば大丈夫です。

Morphiespacepack 05

裏側にはバッテリー残量を表示するインジケーターとスイッチがついていて、スイッチの切り替えで充電するかを選択できます。気になるバッテリーは1,700mAhで、iPhone 5なら約1回分の充電が可能です。

Morphiespacepack 06

mophie space pack」を装着すると専用アプリ「Space」のインストールを促されるので、インストールしましょう。このアプリで、ストレージの管理をします。例えば写真などは、iPhone本体のカメラロールに入っている写真を「mophie space pack」移すことができます。

また、写真や動画はこのアプリから撮ることで、ダイレクトにこのストレージに保存する事が可能です。iPhoneの容量が少ない時などはかなり重宝すると思います。

Morphiespacepack 07

さらに、Mac/PCに接続するとストレージとして読み込むので、音楽ファイル、PDF、Office系ファイルなど様々なものを入れておき、聴いたり見たりする事ができます。

なお、「mophie space pack」は、AirPlayにも対応しているので、「Apple TV」や対応スピーカーなどで写真や動画、音楽を聴くここが可能です。

Morphiespacepack 08

他にも、メールなどに添付されている写真・文書等も共有項目から「Spaceで開く」を選べばストレージに直接保存する事が出来ます。

Morphiespacepack 09

iPhoneのストレージは最大でも64GBで、持っている人が多いのは16GBモデルといわれていますが、このケースをつける事で手軽にストレージを増やす事が出来るのは非常に便利だと思います。

なお、「mophie space pack 16GBモデル」の他に、「mophie space pack 32GBモデル」もあり、容量によって選択できます。また、カラーラインナップはブラックとホワイトで、価格はAmazonで16GBモデルが18,144円、32GBモデルが22,464円となっています。(記事掲載時)

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)