今日の人気記事

スポンサードリンク

「MacBook Pro」を冷やせ!ファンレス外付けヒートシンク「EZ-Surf」を試してみた

段々と気温が上がり暑くなってきていますが、夏に向けて気になるのが私が所有している「MacBook Pro with Retina Display」の熱問題です。やはり冬に比べこの時期ですら本体が熱を持っていることがわかります。

IMG 0044

 
今回はその熱対策のために、「MacBook Pro」シリーズ向けファンレス外付けヒートシンク「Ez-Surf」を購入して、試してみました。

スポンサードリンク

IMG 0046

 
中に入っているのはヒートシンク本体と熱吸収シートの2点のみですね。ヒートシンク本体をちょっと見てみましょう。

IMG 0049

 
ファンレス仕様なので、熱を逃がすように設計されたデザインになっているようです。

IMG 0052

 
側面にも穴が空いていて、ここにも熱を吸収する機構になっているようです。

IMG 0056

 
「MacBook Pro」を設置する面はこんな感じになっていて、斜めに傾斜がついています。

IMG 0059

 
ここに付属の熱吸収シートを貼れば準備完了です。さっそく「MacBook Pro」を置いてみます。

IMG 0063

 
熱を持ちやすい「MacBook Pro」の後方部が浮き上がるようになります。

IMG 0067

 
真横から見るとこうなっています。一見安定していなさそうに見えますが、その点は全く問題ありませんでした。タイピングをする時なども少し角度がつくことで打ちやすくなったりします。

IMG 0070

 
裏側から見てみました。この部分からうまく熱を逃がすように設計がされているようです。

IMG 0062

 
実際にしばらく使ってみているのですが、ファンが回転することが少なくなっている気がします。さらに、「EZ-Surf」を触ってみるとかなり熱を持っているので、少なくても「MacBook Pro」から熱を吸収してくれていることは間違いないようです。

本格的な夏を迎えた時にどうなるかというのはありますが、個人的にファンの音がかなり気になってしまう体質なので、ファンレスである「Ez-Surf」と涼しい場所にいることでしのいでみようと思います。

なお、対応機種は「MacBook Pro」シリーズの13〜17インチとなっていて、価格は3,000円弱となっています。「MacBook Pro」シリーズユーザーの方は熱対策の1つとして考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)