今日の人気記事

スポンサードリンク

AUGM 東京 2013:ファイルメーカー、山本康仁氏による「医療現場の人と情報システムの共生」

AUGM 東京 2013で、ファイルメーカーは、都立広尾病院小児科医長の山本康仁氏による、「医療現場の人と情報システムの共生」というテーマで、ファイルメーカーを利用したシステムの紹介が行われていました。

Augmtokyofilemeker 01

 

スポンサードリンク

都立広尾病院は、災害医療センターになっていて、災害発生時、異常事態で最大限のパフォーマンスを発揮することを求められ、通常のチェックリストでは機能せず、それをファイルメーカーで作成したそうです。

Augmtokyofilemeker 04

 
また、IA(Inteligence Amplification=人間とコンピューターの共存関係)を実現するためには、優れたインーフェイスが必要であるそうです。なお、基本的に人間とコンピューターは競合関係になっていて、知っている情報をコンピューターに言われるとイラッとしてしまうそうです。

Augmtokyofilemeker 05

 
このために電子カルテ基幹システムに接続詞、医療情報だけでなく、多くの電子情報を横断的に収集、解析するCDSを構築、情報の伝達方法として、音声合成も用いるようにしたそうです。

Augmtokyofilemeker 06

 
これにより人の手では時間のかかることを瞬時に行え、必要な時に必要な情報を一番適切な人に伝達することが可能になったそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)