今日の人気記事

スポンサードリンク

AUGM 東京 2013:アピロス、タッチパネルの解説やFussoコーティングを紹介

AUGM 東京 2013で、アピロスは同社の技術であるタッチパネルの解説やFussoコーティングについて紹介していました。

Augmtokyouapiros 01

 

スポンサードリンク

まずはタッチパネルの解説で、AppleのiPadの液晶は製造していないものの、他社のメーカーのタブレットデバイスを製造しているそうです。

Augmtokyouapiros 02

 
最近のタッチパネルは薄型化が進んでいて、以前までは液晶がありその上にタッチパネル、そしてカバーガラスという3層構造だったのが、タッチパネルを液晶屋カバーガラスに搭載することで薄型化が図られているということを解説していました。

なお、アピロスが作っているのはAppleが採用しているインセル型ではなく、OGSという方式だそうで、今後Appleのタッチパネルも製造できたらいいという話しもしていました。

Augmtokyouapiros 03

 
ここまではタッチパネルの話しでしたが、ここからは一般ユーザ向けの製品の紹介で、まずはFussoコーティング製品「Fusso SmartPhone」で、iPhoneには最初からコーティングがされているが、それを復活されることができ効果が長く続くのが特徴のようです。

Augmtokyouapiros 05

 
他にも強化ガラスを採用した保護フィルム各種「CRYSTAL ARMOR」シリーズを紹介していました。

Augmtokyouapiros 06

 
ブースでは、「CRYSTAL ARMOR」シリーズや「Fusso SmartPhone」がボトルに入れられていて販売されていました。また、iPad/iPad mini用のスタンド「SANUS iPad」も販売されていました。

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By アピロス

    レポートありがとうございます(^O^)

    • By Linkman

      アピロスさん

      いえいえ〜。今後ともよろしくお願いします!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)