今日の人気記事

スポンサードリンク

ギフト・ショー秋2013レポート:シーガル、プリクラ感覚でiPhone用カバーを作れる3D転写システムを紹介

東京ビックサイトで行われたギフト・ショー秋2013で、シーガルが、プリクラ感覚でiPhone用カバーを作れる3D転写システムのデモをしていました。

P1020367 021 1

 

スポンサードリンク

この3D転写システムは、ハードカバーに写真画像などを転写することで、わずかな時間でiPhoneケースを作れる製品になっています。

P1020366 020 1

 
専用のインクでプリントしたフィルムとハードカバーを、熱を利用したバキューム方式で転写する方法となっていて、時間的にもトータルで15〜20分ほどでカバーが完成します。

P1020365 019 1

 
縁の部分までしっかりとプリントされ、色などはカバーに吸着しているため簡単に落ちることなどはないそうです。

カバーあたりの1枚のランニングコストが440〜590円とかなり安く、導入先としては一坪ほどの店の片隅に設置されるケースや車の販売店などからも待ち時間などでオリジナルのケースが作れることから引き合いが来ているそうです。

P1020372 026 1

 
今のところはスマートフォンケースを対象にした製品を作っているそうですが、今後はiPadのケースなども作れるA4サイズにも対応した製品も考えているそうで、そうなると手帳タイプのiPhoneカバーなども作れるようになるのではないかといっていました。

もちろんiPhoneケースだけではなく様々なスマートフォンケースを作れるそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)