今日の人気記事

スポンサードリンク

NTTドコモ、データ通信時間が少ない人を対象にした割安料金プラン新設する方向へ

Docomologo

日本経済新聞によると、NTTドコモは、携帯電話のデータ通信時間が少ない人を対象にした割安料金プラン新設の検討に入ることを明らかにしたと伝えています。

スポンサードリンク


月額6500円を下回るプランを新設か

ドコモの加藤薫社長は、データ通信容量が小さい代わりに低料金のプランを設定することを「これから考える」と明言したそうです。

小容量プランの具体策はこれから検討するが、1ギガバイトを新設したうえで通話とあわせて月6500円を下回る水準とする方針だ。ソフトバンクとKDDIも1ギガバイト前後のデータ通信プランを新設することを検討する。

現行ドコモは、2GBプランが最も容量が小さいプランですが、1GBプランを新設してさらに月額料金を下げたプランを導入する方向で、ソフトバンクもKDDIも同じような形になりそうです。

これについては、NHKニュースも同様のニュースを伝えていて、他社から乗り換える人を呼び込むために、新しいスマートフォンの価格を実質0円とするような販売方法を見直して、新たな料金体系を具体的に検討することになったとしてます。

安倍首相の一声から始まったこの携帯料金の引き下げ問題ですが、どうやらドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社はとりあえず最安値のプランを新設することで対応するようですね。

実質0円で販売する方法は賛否両論あるので判断が難しいですが、少なくてもMNPユーザーが圧倒的に優遇されている現状はさすがに少し是正する必要があるのかなとは感じますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)