今日の人気記事

スポンサードリンク

freetel、月額299円からの格安SIMを7月15日から提供開始 – Windows 10のスマートフォンも発表

Freetel 01

MVNO事業者として格安SIMなどを提供しているfreetelは、新サービスを発表していて、月額299円から利用できるデータ通信サービスを7月15日から提供することを発表しています。

スポンサードリンク


100MBで月額299円から段階制となる「使った分だけ安心プラン」を提供

データ通信プランでは100MBで月額299円から1GB、3GB、5GB、8GB、10GBごとに料金が設定されていて、使ったデータ量に応じて請求される段階制の「使った分だけ安心プラン」が提供されます。

Freetel 02

価格は、100MBで月額299円、1GBで月額499円、3GBで月額900円、5GBで月額1,520円、8GBで2,140円、10GBで2,470円と設定されています。

Freetel 03

また、音声プランは700円をプラスした月額999円から、データ通信+SMSサービスの場合は月額439円から提供するそうです。

縛りなしで最高品質を提供

Freetel 04

通信のスピードはキャリアが提供する最高の品質をそのまま提供するとしていて、iPhoneユーザーならではのアプリに最適化したSIMも提供することを発表しています。

さらに、基本的には最低利用期間、契約解除料といった縛りについては一切なしとしていますが、注意書きとして短期MNP転出のみ、一部悪質な方対策として手数料設定ありとしています。

Windows 10搭載スマートフォンなどを発表

Freetel 05

ハードウェアの発表としてはWindows 10搭載スマートフォン「KATANA 01」「KATANA 02」発表していて、KATANA 01は19,800円、「KATANA 02」は29,800円で提供するそうで、Microsoftと協力してWindows 10搭載スマートフォンとしてはいち早く提供できるとしています。

Freetel 06

他にもフィーチャーフォンの「Simple」、Android搭載のフィーチャーフォン「Galaho」も発表していて、「Priori 2」についてはアップデートしてAndroid 5.0に対応するそうです。

Freetel 07

さらに、Androidのハイエンドモデルとして「SAMURAI MIYABI」と「SAMURAI KIWAMI」も発表されていて、価格はそれぞれ、19,800円と39,800円となるそうです。

各モデルのスペック等についてはコチラをどうぞ!なお、「SAMURAI KIWAMI」については今後詳細なスペックについて発表されていくそうです。

挑戦的な価格設定

月額299円というのは強烈な価格設定ですね。もちろん100MBというのは使おうと思ったらすぐ消費してしまうので、実際のところはもっと料金はかかりますが、コントロールもできますし、10GBを使っても2,470円までしかかからないというのは確かに安心だとおもいます。

実際サービスがスタートしてみて本当に速度がキャリア並のものが担保されているのかどうかというのは注目していかないといけませんが、これだけ大々的に「最高品質」を謳っているので、ある程度期待をしていいのではないでしょうか。

ラインナップもWindows 10の機種も含め多くラインナップされるそうで、並々ならぬ意気込みを感じますね。なお、freetelはヨドバシカメラと組んで店舗展開もするそうで、MNPでも即日SIMの発行ができるようになるそうです。

freetel eshop

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)