今日の人気記事

スポンサードリンク

MMD研究所:「2015年4月格安スマホ通信速度調査」の結果を公表 – 昼時に大きな速度差

Some SIM cards

MMD研究所は、MVNO10社とドコモ、au、ソフトバンクの通信キャリアで通信速度に違いがでるかを調査した「2015年4月格安スマホ通信速度調査」を実施したとして、その結果を公表しています。

スポンサードリンク

調査期間・方法は、2015年4月9日、10日、13日〜15日の平日5日間に東京・恵比寿のMMD究所事務所内にて、10時〜11時、12時〜13時、17時〜18時の3つの時間帯でMVNO10社とドコモ、au、ソフトバンクの計13社の通信テストをしたそうで、結果が以下のようになっています。

Mmdkenkyujyo0423
(出典:MMD研究所

朝に当たらう10時〜11時にについては、格安スマホも比較的速度が出ていて「IIJ mio」が最も早い11.7Mbpsを記録していますが、12時〜13時というの時間帯になると、調査対象格安スマホ全体の平均は1.8Mbpsと速度低下が出ています。

夕方の17時〜18時については格安スマホによってダウンロード平均スピードに差が出る結果になっているとしています。

こうみるとドコモ、au、ソフトバンクというキャリアの速度については当然安定して早いわけですが、UQ mobileを除いてはお昼の時間帯はかなり遅くなるという傾向のようです。

もちろんこれは1箇所での測定なのですべての状況を表しているわけではなく参考の一つとしてみてほしいのですが、今までの情報からもMVNO回線のお昼時の速度は厳しいみたいですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)