Apple、「macOS Sierra 10.12.3」リリース ー MacBook Pro (15インチ Late 2016)での自動グラフィック切り替えが改善など

Macossierra

Appleは、Macの安定性およびセキュリティが改善されるなどした「macOS Sierra 10.12.3」をMac App Storeでリリースしています。

スポンサードリンク

macOS Sierra 10.12.3の修正点

今回のアップデート「macOS Sierra 10.12.3」は、すべてのユーザーに推奨されていて、以下の点が修正されています。

  • 「MacBook Pro(15インチ Octovaer 2016)」での自動グラフィックス切り替えが改善されます
  • Touch Bar搭載MacBook Pro(13または15インチOctovaer 2016)で、Adobe Premiere Proプロジェクトをエンコーディングする際のグラフィックスの問題が解決されます
  • スキャンされたPDF書類を"プレビュー"上で検索できない問題が修正されます
  • 暗号化を有効にしてエクスポートされたPDF書類との互換性の問題を解決
  • 一部のサードパーティアプリケーションがデジタルカメラから画像を正しく読み込むことができない問題を修正
  • エンタープライズコンテンツ:maxFailedLoginAttemptsパスワードポリシーを使用するネットワークまたはキャッシュされたユーザーアカウント(Active Directoryアカウントなど)が無効になっていた問題を解決

なお、リリースノートにはありませんが、Consumer Reportsがテストで発見されたSafariの開発用設定にあるキャッシュをオフをしたことで発生するバグの修正も行われているものと思われます。

macOS Sierra
掲載時の価格:無料 (最新価格はStoreで確認してください)
アプリをダウンロード

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)