今日の人気記事

スポンサードリンク

【macOS Sierra】iCloudドライブに「デスクトップ」「書類」フォルダを保存しないようにする方法

Iclouddrivedesk 01

macOS Sierra」から、iCloudドライブに新しく「デスクトップ」「書類」フォルダが保存できるオプションが追加されました。

通常そのまま設定しておくと家のMacのデスクトップに保存しておいたファイルなどを他のデバイスなどからアクセスできるために便利なのですが、一方でiCloudドライブの容量を一気に使ってしまう可能性があるので、保存しない方法を紹介しておきます。

スポンサードリンク


iCloudドライブに保存しない方法

まずこの設定は「macOS Sierra」をインストールする時に選べるようになっています。

Iclouddrivedesk 02

インストール中に「ファイルをすべてiCloudに保存」という項目が出てくるので、この時に「”書類”と”デスクトップ”のファイルをiCloud Driveに保存」という横のチェックを外してください。

Iclouddrivedesk 03

インストール時に先ほどのチェックを外すのを忘れてしまった場合でもあとから解除できます。設定アプリから「iCloud」をクリック。

Iclouddrivedesk 04

「iCloud Drive」の横にある「オプション」をクリックしてみましょう。

Iclouddrivedesk 05

ここにある「”デスクトップ”フォルダと”書類”フォルダ」という部分のチェックを外せばOKです。

色々なところからアクセスできたり、ちょっとしたバックアップという意味では便利ですが、任意のフォルダを選んだり、”デスクトップ”だけや”書類”だけといったオプションもないので、少し使いづらいかなと個人的には思ってます。

また、どうしてもiCloudドライブの容量を占有してしまうのがネックですね。容量のアップグレードの価格が安くなったら使いやすくなるかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)