LINE、AIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」を発表

Wave

LINEは、事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」を開催し、その中でAIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」を発表しています。

スポンサードリンク

先行販売は夏を予定

「WAVE」は、リビングやダイニング、ベッドルームなど自宅での使用を想定し、設計されたスマートスピーカーで、「LINE」のトークメッセージの操作やカレンダー機能やTo-Do管理機能、音声でのコミュニケーションでニュースや天気などの情報を教えてもらったり、赤外線コントローラーに対応する家電のON/OFF操作をしたりすることが可能だそうです。

また、音楽配信サービス「LINE MUSIC」が提供する約4,000万曲の楽曲を聴くこともでき、楽曲名やアーティスト名で聴きたい曲を指定するだけでなく、その時の雰囲気やユーザーの気分に合った曲を「WAVE」に推薦してもらうこともできるそうです。

日本での販売開始は今年の秋で価格は15,000円を予定しているそうですが、正式販売に先駆けて、「MUSIC」機能に絞った先行版を今年の夏に10,000円で販売する予定だそうです。

なお、先行版は正式版販売と同じタイミングで正式版と同じ機能にアップデートされるそうなので、欲しい方は先行版を買ったほうがお得になりますね。

Wave1

また、「Clova」搭載スマートスピーカーとしてキャラクターをモチーフとした「CHAMP」が今年の冬に発売予定だそうです。こちらはよりカジュアルに、手軽に持ち運ぶことができるそうです。

Wave2

他にもすでに発表されているスマートディスプレイ「FACE」に関しても、引き続き開発を進めていくそうですが、具体的な発売日については言及されませんでした。

スマートスピーカーの分野は「Google Home」が日本でも発売予定となっていて、Appleも日本での発売は未定なものの「HomePod」を発表するなどかなり競争が激しくなっていますが、日本では「WAVE」も含めてどれがシェアを握っていくことになるのか注目したいところですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)