今日の人気記事

スポンサードリンク

NTTドコモとKDDIも熊本県で発生した地震に伴い無線LANサービスを無料開放 – 「00000JAPAN」で誰でも利用可能

Keitaicarrier

NTTドコモは、2016年4月14日に熊本県を震源とする地震に伴い、熊本県内の公衆無線LANサービスにおける「00000JAPAN」の運用を開始したと発表しています。

スポンサードリンク


「00000JAPAN」で誰でも利用可能

これにより、無線LAN対応の携帯電話等を利用の方は、ネットワーク名として「00000JAPAN」を選択することで、ドコモのユーザーに限らず誰でも「docomo Wi-Fi」のサービスエリアにおいて、Wi-Fi通信が無料で利用できます。

4月15日午前3時30分時点で熊本県内において、一部の「docomo Wi-Fi」のサービスエリアで開始しており、今後順次拡大していくとのこと。

また、NHKニュースによると、KDDIも同様に「au Wi-Fi SPOT」を無料開放して「00000JAPAN」で接続することで誰でも利用可能にしているようです。

先ほどの記事でソフトバンクも「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で開放していることをお知らせしていますが、ドコモとKDDIも無料開放しています。

なお、これは無線LANビジネス推進連絡会において、各事業者が提供するWi-Fiサービスを、大規模災害発生時に被災された皆さまの通信接続手段として利用することを目的に、災害用の統一SSID「00000JAPAN」として公衆無線LANサービスを提供するものとなっています。

Update
KDDIから正式な発表があり、2016年4月14日23:54時点において、熊本県内に設置された「au Wi-Fi SPOT」を無料開放していて、2016年4月15日8時36分時点より順次、九州全域に拡大するとのことです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)