今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、「今週の映画」として「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」をピックアップ

Abouttime

Appleは、iTunes Storeでスタッフが選んだおすすめ映画を特別レンタル価格100円で紹介する「今週の映画」として、「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」をピックアップしています。

スポンサードリンク


タイムトラベルを題材したラブコメディ

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」は、「ノッティングヒルの恋人」などの脚本を手掛けたリチャード・カーティス監督、ドーナル・グリーソン主演のタイムトラベルを題材したラブコメディ映画です。

「今週の映画」にピックアップされた作品は、HD画質を1週間限定で(今作は2016年11月15日まで)100円でレンタルできます。なお、レンタルしてから30日以内に再生をスタートする必要があります。また、再生を開始してから48時間以内であれば何度でも見ることが可能です。

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

21歳を迎えたティム・レイク(ドーナル・グリーソン)は、自分にタイムトラベル能力があることを知る…。新年のパーティーを満足できないまま終えた夜、ティムは父親(ビル・ナイ)から、レイク家の男たちは代々タイムトラベルの能力があることを告げられる。歴史を変えることはできないが、自分の人生に起きる事や起きてしまった事を変えることができるのだ。ティムは彼女を作り、より良い人生を送ることを心に決める。しかし悲しいことに、それは彼が思うほど簡単にいかなかった。コーンウォールからロンドンに移り住み、弁護士の研修を受けることになったティム。そこで彼はついに魅力的なメアリー(レイチェル・マクアダムス)と出会う。恋に落ちる2人だが、タイムトラベルが引き起こした不運のせいで、彼女との出会いがなかったことになってしまう。しかしタイムトラベルで何度も最初からやり直し、ついに彼女の心をつかみ取る。その後も彼はタイムトラベルの力で、完璧かつロマンチックなプロポーズをしたり、結婚式での介添人による最悪なスピーチを何とかしたり、アビイ・ロードの渋滞を回避し、いまにも娘を出産しそうな妻を病院に連れていったりする。しかし、普通ではない人生を送るうちに、家族に関わる悲しみや浮き沈みはタイムトラベルでは解決できないことを悟る。タイムトラベルのできることには限界があり、同時に危険をはらんでいるのだ。人生にはタイムトラベルなど必要ないと教えてくれる、タイムトラベルを題材にしたラブコメディ。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)