今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、「今週の映画」として「ソロモンの偽証 前篇・事件」をピックアップ

Soromonnogisyo

Appleは、iTunes Storeでスタッフが選んだおすすめ映画を特別レンタル価格100円で紹介する「今週の映画」として、「ソロモンの偽証 前篇・事件」をピックアップしています。

スポンサードリンク


宮部みゆきの長編ミステリーを映画化

ソロモンの偽証 前篇・事件」は、宮部みゆきの長編ミステリーを映画化した作品の前編。監督は「八日目の蝉」や「孤高のメス」などを撮った成島出監督。公開時からかなり話題になった作品ですね。

「今週の映画」にピックアップされた作品は、HD画質を1週間限定で(今作は2016年10月25日まで)100円でレンタルできます。なお、レンタルしてから30日以内に再生をスタートする必要があります。また、再生を開始してから48時間以内であれば何度でも見ることが可能です。

ソロモンの偽証 前篇・事件

クリスマスの朝、雪が降り積もった城東第三中学校の校庭で2年A組の生徒・柏木卓也の死体が発見される。警察も学校も飛び降り自殺と判断するが、後日、学校関係者のもとに、柏木の死は自殺ではなく、大出俊次をリーダーとするいじめグループによる殺人だったと訴える匿名の告発状が届く。やがてそれはマスコミにも伝わり、ワイドショーを連日賑わすことに。それでも学校側は穏便に事を収めようと後手を踏むばかりで、事態は悪化の一途を辿っていく。そんな中、事件の第一発見者で2年A組のクラス委員を務める藤野涼子は、大人たちには任せておけないと、自ら真実を暴くべく立ち上がる。そして、全校生徒に対し大出を被告人とする学校内裁判の開廷を提案する藤野だったが…。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)